歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体おこった問題、細菌感染や金属アレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが乱れる、あごの骨形が変わるなどくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯をそのまま残したいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、ところがインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけの治療です。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所に負担がかからないように、安静に生活できるよう努めてください。

日常生活にはこれと言って制限はありませんが、普通の生活以外の運動は避けた方が無難です。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、何日くらい開けたら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

様々な条件を満たさず、インプラント適用になるとは言えず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり難しいケースだとしても治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる限り十分吟味してください。

インプラントとクラウンの全き違うところは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば自分の歯根をつかって、義歯をかぶせられるので、根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に装着させる方法であるインプラントを用いた治療になります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を装着してその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、失った歯のために橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に軽く削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、おおかたインプラントが優るというべきでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるのだと聞けばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の向上で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みが生じることはあろません。

局所麻酔とは言っても、ちゃんと効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

痛みが出てくることもありますが、通常痛み止めは頓服として処方されますのでお手入れを必要としないとはいきません。

損傷すればすぐに歯科医に診てもらわなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと勿論ですが、歯肉炎や歯周病は発症します。

インプラントでない部分の自分の歯と同じく、毎日のお手入れをきちんと指導を受けたように、安全なセルフケアを行ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。